近江八幡市の八幡山についてのトリビア

近江八幡観光の中心は、豊臣秀次が城を築いた八幡城址とその麓にある日牟禮八幡宮、八幡堀、旧市街の街並み、水郷めぐりなどの歴史的な地域とラコリーナ近江八幡になります。その八幡城址がある山の名前は「八幡山」と99.9%の人は思っていると思います。私も先日までそう思っていました。Googleマップの地図には確かに「八幡山」とあります。その他あらゆるところで「八幡山」の表記しか目にしません。でもこれ別名だったのです。

 

長命寺山

長命寺山

八幡山の正式名称は「鶴翼山(かくよくざん)」というようです。全く知らなかったです。鶴翼山から長命寺山を見た様子(絵画風)。琵琶湖の奥には比良山系が見えます。

 

八幡山縦走コース

八幡山縦走コース

里山ハイキングでもしっかりと「八幡山」と書かれてますしね。こうやって山の全景を見せられると、確かに意外と細長い形をしてますね。

先日、この八幡山縦走をしてきたので、後日紹介します。

コメント