八幡瓦・体験工房

スポンサーリンク

「かわらミュージアム」とは

近江八幡市の地場産業である八幡瓦をテーマにした施設です。瓦亭という喫茶と体験工房が併設されています。

正直なところ「かわらミュージアム」の方はそれほど面白くないです。値段が安いので行って損とまでは言いませんが・・・。「近江八幡おもてなしパスポート」の対象施設となっているので、パスポートを買った人は訪問してみてください。そうでなければ、建物の外を散策するだけでも雰囲気を味わえます。

 


今回お勧めするのは、かわらミュージアムの敷地内の別棟「体験工房」で行われる「はちまんかわら焼き」体験です。ミュージアムへの入館は不要です。

体験工房では、八幡瓦の材料粘土を用いて、イブシ仕上げをした焼き物を製作可能です。イブシ銀に光る焼き物はかなり渋いです。作品は瓦だけでなく、好きなものを作成可能です。型枠を使って簡単に作ることもできますし、陶芸の技を使って凝った作品に仕上げることも可能です。詳細は下記チラシをご確認ください。

はちまんかわら焼き(クリックで拡大)

はちまんかわら焼き(クリックで拡大)

 

体験可能日時:かわらミュージアムの開館と同じ

料金:1000円(粘土:600g)追加費用で粘土追加可能。別途、送料が必要です。

必要時間:1~2時間(満足いくまで頑張ってください)

引き渡しは、乾燥・焼き上げ後になるため1~2ヶ月後です。

予約:当日参加も可能ですが、事前申し込みをした方が確実です。☎ 0748-33-8567

近江八幡市HP内の紹介ページへのリンク「かわらミュージアム体験工房で「はちまんかわら焼き」を体験しませんか

 

★ 場所

八幡堀観光の拠点、白雲館から徒歩3分程度です。

 

★ 開館時間

午前9時から午後4時半まで(閉館 午後5時)

 

★ 休館日

月曜日、祝祭日の翌日(祝祭日が月曜日の場合は、その翌日、年末年始

 

★ 入館料

・一般:300円

・小中学生:200円

近江八幡おもてなしパスポート」の利用可能施設です。