近江八幡市立健康ふれあい公園_プール・トレーニングルーム有り

2016年にできた新しいごみ処理施設「近江八幡市環境エネルギーセンター」の隣に、2017年6月に「近江八幡市立健康ふれあい公園」がオープンしました。

近江八幡市立健康ふれあい公園

今のところ利用できるのが

  • 温水プール
  • フィットネススタジオ
  • トレーニングルーム
  • 屋根付き多目的広場(10/1~)

などとなっていますが、現在も工事が進行中で、今後サッカー場などもできるようです。

基本的に近江八幡市民のための施設ですが、市外の人でも利用できます。ただしちょっと値段に差があります。

施設の内容、利用方法を紹介します。

近江八幡市立健康ふれあい公園

場所・アクセス

近江八幡市環境エネルギーセンターの向かい側です。農道の豊臣秀次像のところから入るか、少し市街地側のところの道路からも入れます。

駐車場は、健康ふれあい公園第2駐車場(プール棟の向かい、エネルギーセンター横)に200台ほどあります。

施設概要

  • 開園時間:平日・土曜日8:30~22:00、日曜日・祝日8:30~20:00
  • 休園日:月曜日(祝日を除く)、年末年始

近江八幡市立健康ふれあい公園

プール棟

プール棟内に以下の施設があります。

  • 温水プール
  • フィットネススタジオ
  • トレーニングルーム
  • 会議室

屋根付き多目的広場

第2期工事で整備されていた屋根付き多目的広場が、2019年10月1日から利用スタートとなります。

  • フットサル2面(黄色ライン)
  • テニス3面(白色ライン)
  • ゲートボール6面(茶色ライン)

が使えます。

利用方法・料金

「個人登録カード」の作成

施設を利用するには「個人登録カード」が必要です。

申込書は下記公式サイトに有ります。プリントアウトすれば事前に記入可能です。

施設にもあるので、施設で直接記入も可能です。

申込に必要なもの

  • 記入済みの申込書
  • 身分証
    市内在住:名前と住所が必要
    市外在住:名前が必要
  • 保護者の署名(16歳未満の方)

なお、市外在住でも勤務地が市内の方は、市内料金で利用できます。勤務地が確認できる証明書(社員証、名刺など)が必要です。

温水プールの利用について

  • 利用時間:平日・土曜日9:00~21:30、日曜日・祝日9:00~19:30

開園時間よりも初めと終わりが30分ずつ短くなっています。

近江八幡市立健康ふれあい公園

料金

  • 一般;市内在住:500円市外在住:750円(2時間)
  • 中学生以下;市内在住:250円、市外在住:370円(2時間)

市内通勤者は市内在住です。

回数券11枚綴りは約1回分お得です。

貸切料金設定もあります。料金表の詳細は公式サイトでご確認ください。

トレーニングルームの利用について

  • 利用時間:平日・土曜日9:00~21:30、日曜日・祝日9:00~19:30

開園時間よりも初めと終わりが30分ずつ短くなっています。

料金

  • 一般;市内在住:400円、市外在住:600円(2時間)
  • 中学生:市内在住:200円、市外在住:300円(2時間)

小学生以下は利用できません。

市内通勤者は市内在住です。

回数券11枚綴りは1回分お得です。

フィットネススタジオ

1時間単位での貸切設定のみです。エアコン、音響代が別途必要です。

申請書による利用申し込みが必要です。

フィットネススタジオ教室でかなり埋まっているので、それ以外の時間でということでしょう。

スポーツ教室

3ヶ月単位でのスポーツ教室が実施されています。

  • プール教室
  • フィットネス教室

3ヶ月継続受講や、1回のみのスポット利用など設定されています。色々なプログラムがあります。中には無料のものも。

子どもスイミングも全11回で11,880円なので一般のスイミングスクールに通うよりは安い料金設定になっています。

詳細は公式ページでご確認ください。空き状況はトップの新着情報から確認できます。

公式ページなど

実際に利用したら追加で情報を載せます。

公式ホームページはこちらです。

どうでもいいですがローマ字綴りが「Kenko」なんですよ。そこは「Kenkou」の方が良いんじゃ・・・。

コメント