近江八幡市+滋賀県内ロケのドラマ紹介_2018年夏

スポンサーリンク

八幡堀をはじめとしてあちこちでドラマや映画の撮影が行われる近江八幡市ですが、この夏に放送されるドラマをいくつか紹介したいと思います。

 

「悪魔が来りて笛を吹く」

・7月28日(土)午後 9:00ー10:59 NHK BSプレミアム

・出演:吉岡秀隆、志田未来、中村蒼 ほか

時代が大戦後ということもあって、時代設定に合う近江商人屋敷など、滋賀県内で8日間のロケが行われたようです。ちなみにエキストラ募集に応募したのですが、残念ながら全て落選しました。

★県内のロケ地

【大津市】安楽律院

【彦根市】旧石橋家住宅、松原漁港

【近江八幡市】(公財)近江兄弟社 ヴォーリズ記念病院ツッカーハウス、旧八幡郵便局

【東近江市】近江商人屋敷、大城神社

【甲賀市】天理教甲賀大教会

【日野町】天理教日野大教会

旧八幡郵便局

写真は旧八幡郵便局です。おそらく最初に事件が起きる有名宝石店に使われたのではないかと・・・。


「雲霧仁左衛門4」

・9月7日(金)スタート 午後 8:00ー8:43 NHK BSプレミアム

・出演:中井貴一、内山理名、近藤芳正、村田雄浩、國村隼 ほか

江戸時代の時代劇ということで、時代劇の定番ロケ地で多数の撮影が行われたようです。全7回のうち5回(第3~7話)に滋賀県内撮影シーンが登場します。

★県内のロケ地

【大津市】西教寺(3話)、日吉大社(5話)、三井寺(7話)

【野洲市】マイアミ浜(3話)

【守山市】なぎさ公園(3話)、美﨑公園(3話)

【近江八幡市】八幡堀(4話)、教林坊(7話)、奥石神社(6話)

【彦根市】天寧寺(6話)

 

おまけ・・・近江八幡市での撮影では無いですが、県内各地で撮影された映画、ドラマです。

「散り椿」

・9月28日(金)全国公開

・出演:岡田准一、西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子、緒方直人、新井浩文、柳楽優弥、芳根京子、駿河太郎、渡辺大、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二

江戸時代の話なので、石垣の立派な彦根城の天秤櫓や井戸曲輪などで撮影されてます。

★県内のロケ地

【彦根市】彦根城、埋木舎前

 

「夕凪の街 桜の国 2018」

・8月6日(月)午後 7:30ー8:43 NHK総合テレビ

・出演:常盤貴子、川栄李奈、小芝風花、平祐奈、工藤阿須加、浅利陽介、谷原章介、橋爪功 ほか

2016年に大ヒットした映画「この世界の片隅に」の原作者・こうの史代の漫画『夕凪の街 桜の国』が原作です。NHK広島開局90年ドラマということで、NHK広島放送局制作です。

元々戦後の話ですが、それを現代と繋げる設定になっているようです。平成30年の方は、常盤貴子、平祐奈、橋爪功がメインで、戦後の広島での主役が川栄ちゃんです。滋賀県内での撮影は、川栄ちゃんが登場する広島のシーンとなります。

★県内のロケ地

【彦根市】愛知川河川敷・・・皆実(川栄李奈)が暮らす原爆ドーム近くのバラック密集地でのシーンや皆実が土砂降りの雨の中、泥だらけになるシーン

【東近江市】福堂橋・・・皆実が勤め先からの帰路で、歌を口ずさみながら歩いていくシーン

コメント