滋賀県内ロケの映画紹介_「祈りの幕が下りる時」地上波初放送

今回の紹介は、地上波初放送・映画「祈りの幕が下りる時」です。

東野圭吾原作、親子の愛と絆を描く感動ミステリー・・・らしい。

近江八幡市・八幡堀もロケ地になっています。

スポンサーリンク

映画「祈りの幕が下りる時」

  • 放送日:2019年6月30日(日)よる9時~
  • 放送局:TBS系列
  • 出演者:阿部寛 松嶋菜々子 溝端淳平 田中麗奈 飯豊まりえ 伊藤蘭 小日向文世/山﨑努ほか
  • 監督:福澤克雄(『私は貝になりたい』、「華麗なる一族」、「半沢直樹」、「下町ロケット」、「陸王」)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

新品価格
¥575から
(2019/6/27 20:42時点)

滋賀県内のロケ地

特別養護老人ホーム奥びわこ、琵琶湖(さいかち浜)、琵琶湖(延勝寺地先)、日野屋呉服店、長浜タワー前、ながはま御坊表参道商店街(長浜市)

長浜の撮影場所が多いけど、その中から一つ「日野屋呉服店」。

黒壁スクエアから数百メートルのところにあります。大通寺(だいつうじ)という立派なお寺があり、その山門前の門前町が「ながはま御坊表参道商店街」です。「日野屋呉服店」はかなり大通寺に近いところにあります。

ながはま御坊表参道商店街

この写真の右側門の近くかな。2006年の写真なので今どうなっているかはわかりません。

(資生堂の看板はあまり映らないようにしながら大通寺の門をバックに夜逃げしました)

長浜タワーって、かなり朽ち果てた感のある「長浜タワービル」のこと???

(長浜B級スポット・長浜タワービル「NAGAHAMA TOWERBILL」、廃墟感が半端無いです。父親が自殺したとされた場所。1Fはまだ使われています。)

中濠東西通り、新海浜自治会館、埋木舎前、彦根駅(彦根市)

埋木舎(うもれぎのや)」は彦根城の横にある旧彦根藩主井伊家の屋敷跡です。

「桜田門外の変」で有名な幕末の大老「井伊直弼」が家督を継ぐまでの時期を過ごした場所で、自身の不遇を嘆いて埋木舎と名づけたそうです。

彦根城に行くと井伊の赤備えで撃たれます(映画とは無関係です)。

やまに料理店(米原市)

米原の琵琶湖湖岸近くにあるお店のようです。湖岸道路からさらに少し琵琶湖側に入ったところ。さすがに行ったこと無いです。

八幡堀(近江八幡市)

八幡堀_桜

八幡堀はこんな感じ。

1/3くらい進んだところで出てきました。阿部寛が滋賀に調べに行ったシーンの一部。結構長く映ってます。

大奥最終章ロケ地_八幡堀

八幡堀がくいっとなっている喜兵衛さんの前ですね。

滋賀ロケーションオフィス コメント

「長浜市の「ながはま御坊表参道商店街」での撮影では松嶋菜々子さん演じる博美の回想シーンで26年前の博美の実家のある街並みとして撮影が行われました。その他県内各所での撮影が行われ、滋賀ロケーションオフィスのサポーターの皆様にもエキストラとしてご協力いただきました。」

 

あとは実際の放送を見た後で追記します。どのシーンで使われたかがわかればですが。

コメント