「恋人の聖地」八幡山に登る・・・たまにはロープウェーで

近江八幡のシンボルは、”恋人の聖地””縁を結ぶ恋のパワースポット”八幡山です(書いてて恥ずかしい)。なのにちゃんと紹介したことがないです。「八幡山に歩いて登る(2018/4/26)」こんなのしかなかったです。固定ページも適当だし。

今回はちゃんと登ります。登る方法は、ハイキング気分で30分かけて歩いて登る方法がお勧めですが、そんなのやってられへんって方のために「ロープウェー」があります。

今回はロープウェーで登ってみましょう。

八幡山ロープウェーは「近江八幡おもてなしパスポート」の対象施設の一つです。対象施設の中で圧倒的に個別価格が高いので、パスポート購入の目安はロープウェーに乗るかどうかです。

基本情報

  • 営業時間:9:00~17:00(上り最終16:30)
  • 営業日:年中無休
  • 運行時間:15分間隔(混雑時は連続運転有り)
  • 料金:おとな(中学生以上) 片道490円、往復880円
    こども(6-12歳) 片道250円、往復440円
  • 片道時間:4分
  • 駐車場:公園前駅周辺に10台程度
  • 公式ホームページ:八幡山ロープウェー

八幡山ロープウェー_駐車場

駐車場はこんな感じです。10月の観光シーズンとは言え、平日の午後は一杯でした。

休日は運次第ではないでしょうか。八幡堀散策もするなら有料駐車場を使った方が確実です。

八幡山ロープウェー

これから乗るロープウェーです。今の外観は「近江鉄道 開業 120周年」「鉄道むすめ 豊郷あかね」ちゃんの絵です。

この絵からわかるように、八幡山ロープウェーを運営しているのは近江鉄道グループです。近江八幡市内を走っている民間バスも近江鉄道グループです。そして、近江鉄道グループは「西武グループ」です。

八幡山ロープウェー

八幡山ロープウェー(旅客運賃表・発車時刻表)
【クリックで拡大】

ロープウェーに乗る

さぁロープウェーに乗りましょう。10月で観光シーズンなので、平日なのに混んでました。15分間隔で動くので、時間を気にせずに行っても大丈夫です。

団体の人が来たりすると15分間隔関係なしに動きます。

 

パスポートに判を押してもらい、乗ろうとすると目に入ったのは・・・、

八幡山ロープウェー

マジか!

「埼玉西武ライオンズ パ・リーグ優勝」ということで、30%OFFキャンペーンしてました。明後日までですが。

おもてなしパスポートには何の恩恵も無いんですけど・・・。でも期限来るし。

改めて見ると、「赤こんにゃく串」激安です。

 

ロープウェーの乗車?時間は4分程度です。その間、八幡山やその他の観光情報のアナウンスが流れています。

八幡山ロープウェー

当然のことながら、真ん中地点で上りと下りがすれ違います。

あと、歩いて登る道とも交差するので、下に歩いている人が見えることもあります。

八幡山ロープウェー

眼下には、八幡堀、旧市街の街並み、西の湖はもちろん、近江八幡市街から遠くは繖山、安土山、三上山など見渡せます。

赤い屋根のちょっと目立つ建物が、ヴォーリズ学園ですね。

八幡山ロープウェー

八幡城址駅に到着です。

八幡山ロープウェー

以前は八幡城址駅から階段を上ったところにある展望台に売店がありましたが、今はありません。駅に自販機が1つあるだけです。

公園前駅売店の紹介

山麓にある公園前駅の売店が2018年3月にリニューアルされました。

八幡山ロープウェー売店

近江八幡名物赤こんにゃくはもちろん

八幡山ロープウェー売店

でっち羊羹とか

八幡山ロープウェー売店

丁字麩などの八幡名物が揃っています。

他にも、飛び出し坊やとび太くんグッズ、ひこにゃんグッズなどの県内各地の名物もあります。手っ取り早くお土産をそろえるなら、ここで十分です。

 

山頂の散策と、歩いて登るについては別記事で書きます。