「恋人の聖地」八幡山に歩いて登る・・・登山ルートは?

スポンサーリンク

近江八幡観光のシンボルは、標高283.8mの八幡山(鶴翼山)です。ロープウェーで登る人が多いですが、春や秋の季節が良い時には歩いて登る人も沢山います。

八幡山山頂までは、遊歩道+登山道が整備されています。

登山ルートと書きましたが、ハイキングの延長程度です。地元の幼稚園児(年長)が遠足で登るくらいです。とはいえ、所々に急な斜面などもあるので、動きやすい服装、歩きやすい靴、両手を空けることができるバッグくらいは必要です。

八幡山山麓の標高が100m程度なので、実質標高差は200m程であり、30分で登ることができます。

登山ルート入口が大きく2つあるので、それぞれについて紹介します。2つのルートは途中で合流し、最終的にはロープウェー山頂駅の横に到着します。

 

スポンサーリンク

登山ルート1・・・日牟禮八幡宮の横から:縦走コース

一つ目のコースは、「八幡山縦走ハイキング」の入り口にあたる場所からの入山です。

日牟禮八幡宮にある「たねや」の横の道(かわらミュージアムに抜ける道)を少し入ったところの左側になります。日牟禮八幡宮に抜ける道と、八幡山に登る道に分かれていますが、表示もあり直ぐにわかります。

八幡山縦走コース

こちらの八幡山縦走コースは比較的登山っぽいルートです。

日牟禮八幡宮やロープウェー公園前駅の裏を山の尾根沿いに進むため、緩やかな登りがずっと続く感じです。

八幡山縦走_日牟禮八幡宮裏

道はこんな感じ、ところどころ急ですが歩けるように整備されています。

八幡山縦走_合流地点

最終的にはルート2と合流します。

案内板もあるので迷うことはありません。

八幡山縦走_合流地点

合流地点付近はこんなのも建ってたりで、常に綺麗にされてます。

 

スポンサーリンク

登山ルート2・・・八幡公園から

ルート2は八幡公園から登るルートです。このルートは更に大きく2つに分かれます。

八幡山公園

クリックで拡大

八幡公園は、日牟禮八幡宮やロープウェー公園前駅から少し西に行ったところにあります。公園内に近江八幡市立図書館もあります。

また、八幡堀を西側に散策してきても図書館のすぐ近くの場所に辿り着きます。

駐車場は、図書館とロープウェー公園前駅の間の場所にあります。

ちなみに、日牟禮八幡宮に車で行く場合、白雲館の大鳥居付近は非常に混むので、図書館横から抜けるこの道を通った方が楽です。ただ事故しやすい場所があるので、ゆっくり走ってください。

八幡山公園駐車場

こんな感じでちょっと小ぎれいになっているところがあり、10数台分の駐車スペースがあります。

八幡公園ルート1

上の八幡公園の見取り図を見ればわかりますが、駐車場の上が広場になっていて、そこを抜けるとあずまやがあり、さらに右手の方に登っていくと「村雲瑞龍寺」との矢印になっています。

八幡山公園

広場からあずまやに登るところがこんな感じです。階段が多いですが、歩き易いルートです。また八幡市街の眺めも良いです。

八幡公園ルート2

もう一つは、近江八幡市立図書館の横から登るルートです。ただし、図書館の駐車場は止められる台数が少なく、平日、土日ともに混んでいるので車を停めないようにしてください。車はルート1の駐車場でお願いします。

八幡山公園

図書館の横を登ると、管理棟・トイレがあり、八幡公園のメインの広場があります。遊具もあるので小さい子供連れで遊びに来ている人もいます。

今の時期だと、イチョウの葉が随分と黄色くなってきました。

八幡山公園_豊臣秀次公銅像

さらに石段を上ると、豊臣秀次公銅像があります。この左側を登り、右の方に進むと、八幡公園ルート1のあずまやの上の辺りに繋がり、そこからはルート1と同じです。

八幡公園ルートの特徴

最初の案内図を見てもらうとわかりますが、八幡公園には多数の道があります。公園の左側は秀次館跡や家臣団館群の史跡もあるので、また別の機会に紹介します。

八幡山公園_竹林

どこを抜けても最終的には右上に進むしかなく、縦走ルートとの合流地点に出ます。道は整備されており、途中は竹林が綺麗な場所もあります。

縦走ルートに比べると階段が多く、その分、傾斜は急ですが、距離は短いです。

途中ロープウェーの下をくぐることになるため、タイミングが合えば頭上をロープウェーが通り過ぎていく様子が見られます。所々で近江八幡市街を見渡すことができます。

 

スポンサーリンク

まとめ

ということで、八幡山に登るための2つの入り口を紹介しました。2つのコースは中間地点辺りで合流して、最終的にはロープウェーの八幡城址駅の横に出てきます。

八幡山山頂

八幡山山頂

ザックリと特徴で分けると、

  • どちらが歩き易いか・・・八幡公園の方が楽、ただし階段が多い
  • 山登りっぽいのは・・・縦走コース
  • 景色は?・・・八幡公園コース

こんな感じですが、お勧めは「縦走コース」で登って、「八幡公園コース」で降りてくる感じでしょうか。

そして八幡山山頂まで来た後はそのまま八幡山縦走してみるのもどうですか?
八幡山縦走_里山ハイキング(2018/5/29)