『十人十家(Cafe&Bar)』ヴォーリズ建築をリフォームしたお店

2019年に売りに出されていたヴォーリズ建築・旧パーミリー邸が、新たなオーナーさんによってリフォームされ、カフェ&バー『十人十家』として2021年7月30日にグランドオープンとなりました。

ヴォーリズ建築「旧パーミリー邸(旧柿元邸)十人十家」

ビフォーアフターで比較するとこんな感じ。レンガの門柱は移設して再利用されてますね。

売却時の様子はこの記事の後ろの方に載せてます。

スポンサーリンク

十人十家(Cafe&Bar)

オーナーさん

旧パーミリー邸を購入・リフォームされたのは、地元の建築デザイナー・田中涼さんです。

ヴォーリズ建築「旧パーミリー邸(旧柿元邸)」十人十家

新築設計・リフォーム他+Cafe&Bar・・・ちょっと謎な方。前の持ち主からの購入条件が、修繕して残してくれる人ということだったようなので、ドンピシャな方ですね。

店舗概要・アクセス

近江八幡市を東西に突き抜ける県道2号線沿いです。JR近江八幡駅から八幡堀まで続いているぶーめらん通り-小幡町通りからだと、スギ薬局・ガストの交差点から600mほど西に行く必要があります。

住所〒523-0082 滋賀県近江八幡市土田町819−7
TEL080-9290-5278
営業時間13:00~(週3日程度)
18:00~22:00
営業日不定休(公式HP要確認)
駐車場店舗近くなどに数台分有

昼間に建築デザインの仕事をやりつつということで、カフェ営業は週3日程度の予定。営業時間、営業日については、公式サイトに最新情報が記載されているので必ず確認してから訪問してください。

公式サイト

十人十家 supported by (株)Imacoco/栗東ハウジング
supported by Imacoco

店舗の営業日・営業時間情報など載ってます。あとは本業の建築デザイナー関連、旧パーミリー邸を設計したヴォーリズに関して等。

駐車場

ヴォーリズ建築「旧パーミリー邸(旧柿元邸)」十人十家 駐車場

駐車場はこの図がわかりやすいです。県道2号線沿いのところに2台分のスペースがあります。お店の前にも少し停められる感じでしたが、この図では書いて無いですね。

ヴォーリズ建築「旧パーミリー邸(旧柿元邸)」十人十家 駐車場

県道2号線から見たらこんな感じ。この砂利スペースの2台分が駐車場。店舗横のアスファルトのところは駐車禁止です。

建物も外壁が明るくなったのと、建物の周辺がスッキリしたので、県道2号線からも見つけやすくなりました。

MENU

ヴォーリズ建築「旧パーミリー邸(旧柿元邸)十人十家」

グーグルマップはこちら

https://goo.gl/maps/D5EUfLJcduC3hmqFA 

googleさんにメニュー写真を少し載せておられます。

ちなみに、建築デザイナーさんなので、ついでに新築・リフォームの相談も可能とか・・・。

スポンサーリンク

「旧パーミリー邸」築93年中古一戸建て販売中(2019/4/13)

近江八幡市名誉市民第1号のウィリアム・メレル・ヴォーリズは、関西を中心に多数の西洋建築の設計をした建築家です。

そんなヴォーリズ建築の1邸、滋賀県近江八幡市土田町ある『旧パーミリー邸(旧柿元邸)』が売りに出ています。

ヴォーリズ建築に住めるチャンスは滅多にないですよ。おひとつどうですか?

ヴォーリズ建築「旧パーミリー邸(旧柿元邸)」

場所は近江八幡市土田町です。

県道2号線(朝鮮人街道)から少しだけ入ったところです。

JR近江八幡駅までは徒歩で20分程度と少しかかりますが、お店や病院などは近くにあるので生活するには便利な場所です。

物件情報

不動産情報サイト「アットホーム」からの情報です。

米国出身の建築家「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ」が1924年(大正13年)に設計。各ドアのノブには独自のクリスタルガラスが使われ、当時のままのマントルピースが残っている。リノベーション希望限定販売。
  • 間取り:5SK
  • 築年月:1926年1月(築93年)
  • 建物面積:157.00平方メートル
  • 土地面積:434.07平方メートル
  • 価格:2,550万円

備考

  • 築93年のヴォーリズ建築(ほぼオリジナル)
  • 当時の五右衛門風呂、木製キッチンなどが残る数少ない物件
  • 主要採光面:南向き
  • 施工会社:ヴォーリズ設計

物件の取扱は(株)松吉土地さんのようです。

(物件情報が無くなったのでリンク削除、売れたのかな?2019/7/4追記)

当初は米国出身の宣教師であり、当時の近江ミッションスタッフだったパーミリー女史が住んでいたが、昭和14年頃にヴォーリズ建築事務所建築部員であった柿元栄蔵氏が受け継ぎ、自らの設計で増改築して住宅として長く使ってこられた。現在も木製キッチン、五右衛門風呂やかまど、井戸などが残る。築90年を超え、老朽化が進んだ為、保存・活用していただける方への限定販売となった。床下の補強や壁の塗り直しなどの改修が必要となる。

外観はこんな感じ

実際に見に行ってみました。

ヴォーリズ建築「旧パーミリー邸(旧柿元邸)」

立派な門構え・・・と言いたいですが、

ヴォーリズ建築「旧パーミリー邸(旧柿元邸)」

左の方は生け垣が無い状態です。おかげで外観がよく見えます。

さすがに外観はかなり古くなってます。ただメインの屋根は直してあるのでそのまま使えそう。

ヴォーリズ建築「旧パーミリー邸(旧柿元邸)」

桜が綺麗でした。庭には花の鉢がたくさん置いてありました。

右の方が増築された部分でしょうか?2階のベランダも後付でしょう。

ヴォーリズ建築「旧パーミリー邸(旧柿元邸)」

裏に回ってみたところ。右の外壁の木がかなり傷んでます。

コメント

平成から令和への元号変更が話題になっていますが、この物件が建築された1926年は大正15年・昭和元年です。改元されたのは12月25日なので、1月に建築されたということは大正15年の建物です。

土地は100坪以上あるので、かなりゆったりです。2,500万円という価格は、ほぼ土地の価格でしょうか?

リノベーション希望限定販売とのことですが、いくらくらいかかるのでしょう?

その他気になったのは、道が狭いので車での出入りが大変そうです。大きい車の場合、他に駐車場を借りる必要があるかも。

ということで、2,550万円で大正建築のヴォーリズ建築・中古一戸建て物件に住んでみるのはどうですか?

コメント