パワースポット「藤ヶ崎龍神」と廃墟の大石碑(頭山)_後編

「パワースポット「藤ヶ崎龍神」と廃墟の大石碑(頭山)_前編」では、藤ヶ崎龍神に隣接する頭山と、その山腹にある「昭和天皇御即位御大典記念 大石碑」に行きました。

後編では、いよいよやっと琵琶湖の龍神様がいらっしゃるパワースポット「藤ヶ崎龍神」に向かいます。この場所への車でのアクセス方法・駐車場については、前編をご確認ください。

藤ヶ崎龍神への入り方

 

藤ヶ崎龍神

琵琶湖沿いを歩いて向かいます。これは振り返ってみたところです。奥に見えるのが牧水泳場です。今回は、岡山園地・駐車場に車を停めて歩きましたが、藤ヶ崎龍神のすぐ近くまで車で入ることができます。

藤ヶ崎龍神_入り口

岡山園地・湖岸緑地駐車場の入り口から50~100mほど頭山の方に行ったところに、入り口があります。ここは丁度カーブになっていて見通しが悪いのと、湖岸道路はスピードを出している車が多く、案内板は何もないので、非常に見落としやすく、入るのも危険な場所になります。車で入る場合は気を付けてください。ここから入って進むと藤ヶ崎龍神のすぐ近くまで行くことができます。

奥は車数台入れるくらいの広さがあります。

藤ヶ崎龍神

藤ヶ崎龍神

これが藤ヶ崎龍神になります。

内宮と外宮があり、こちらが外宮です。琵琶湖に突き出た岩場近くにポツンと立っている不思議な空間です。湖岸道路からは見えないんですよ、この場所は。湖岸道路は何百回となく通った場所ですが、ここまで入ってきたのは初めてです。

藤ヶ崎龍神

奥の岩のアップです。

藤ヶ崎龍神

その奥には沖島と長命寺山が見えます。この日は運悪く濃霧注意報が出ていたので霞んで見えます。というかいつでも来れるんだから、わざわざ濃霧注意報の日に来なくても・・・。

藤ヶ崎龍神

振り返って、山側には内宮があります。奥の岩の隙間ですが、人が一人通れて中に入るとお祈りできるようになっています。

通れなくなっているように見えるのは、カラス除けに網戸を置いてあるためで、どかせば中に入れます。

藤ヶ崎龍神

龍宮城らしいです。

藤ヶ崎龍神の最寄バス停

残念ながら藤ヶ崎龍神の近くにバス停はありません。路線バスである近江鉄道バスだと、運動公園・長命寺あたりが最寄になり3kmほどあります。

その他に、平日限定ですが、近江八幡市の市民バス(あかこんバス)が使えます。

あかこんバスのルート詳細・時刻表はこちらのPDFをご確認ください。

④北里・佐波江町・新畑コースの終着点の一つ手前「新畑北」で降りると、そこから1kmちょっと、徒歩で15分程度でたどり着けます。

おまけ

藤ヶ崎龍神

この辺りは砂浜になっています。

藤ヶ崎龍神のすぐ隣に、「ウェブビーチクラブ」というウインドサーフスクールをしているところがあります。その様子は湖岸道路を走っているとよく見てました。

 

ということで、ビワイチをされる方は、湖岸道路からちょっと入ればいけるパワースポットなので、休憩がてら寄ってみてください。岡山園地にはトイレもあります。9~11月しか使えないみたいですが。ビワイチでない人は車が無いと来られませんが、湖岸ドライブのついでにお寄りください。

 

岡山と頭山

最後に、西側から頭山と岡山を写したものです。左が頭山、右が岡山になります。間を湖岸道路が通り抜けています。直線的で見通しが良い場所が多い湖岸道路ですが、ここはカーブになって見通しも悪いので事故らないようにお気を付けください。