長光寺(ハナノキ寺)にハナノキの花を見に行くが・・・

長光寺は、滋賀県近江八幡市長光寺町にある弘法大師を宗祖とする高野山派「真言宗」の寺院です。聖徳太子建立四十九院の寺院の一つです。

境内に、高さ約15メートル、周囲約3メートルのハナノキ(花の木)があり、日本最南限に生息するハナノキとして近江八幡市の天然記念物に指定されています。

その花の木が3月下旬に開花して・・・見頃を過ぎました。

4月8日では遅すぎたようです。

来年に備えて書いておきます。

スポンサーリンク

長光寺(ハナノキ寺)

場所

ややこしいことに近江八幡市には長光寺が2つあります。カーナビで検索すると別の方になる可能性もあるので気を付けてください。

また、西国三十三所第三十一番札所の長命寺と名前が似ているので間違えそうです。どちらも聖徳太子ですけど。

今回の長光寺は長光寺町にある長光寺です。もう一つは江頭町にあります。

アクセス・駐車場

電車:JR近江八幡駅から近江鉄道に乗り換えて1駅。武佐駅で下車して徒歩5分

:〒523-0013 滋賀県近江八幡市長光寺町694

駐車場:明確な枠線は無いですが、無料で数十台停められるスペースがあります。

長光寺入り口

入口は鳥居が目印。長光寺の周囲は工場に囲まれているので、突然この鳥居が現れる感じです。寺なのに鳥居?って思うかもしれませんが、長光寺の隣に八幡十二神社があり、その鳥居です。

鳥居をくぐって少し奥に入ると少し開けた場所があり、そこに車を適当に止めます。

長光寺町_オボン松明

4月8日に行ったときは八幡十二神社の祭礼に備えてオボン松明が置かれてました。

八幡まつりの前に各地区の『松明』を見て歩く
国の無形民俗文化財に選択されている『近江八幡の火祭り』の中で、代表的なものは『左義長まつり』、『八幡まつり(松明祭り)』、『篠田の花火』ですが、それらに加えて各集落で行われている火祭りも含まれます。 各地区の祭礼時期は様々ですが、八幡...
スポンサーリンク

長光寺のハナノキ

長光寺_ハナノキ(花の木)

かなり立派な木です。

長光寺_ハナノキ(花の木)

長光寺_ハナノキ(花の木)

クリックで拡大

説明書きはこちら。

長光寺_ハナノキ(花の木)

まだ少しだけ咲いていました。

カエデの仲間で可憐な花なので、スマホカメラで綺麗に撮るのは難しい。木の周りには散った後の赤い花がたくさん落ちてました。

もう数日早ければ大分違ったかもしれません。

ハナノキは花よりも秋の紅葉が綺麗なようで、また秋に訪れたいです。

開花情報なども出てます。

長光寺はハナノキが有名ですが、他にも11月に「柴灯護摩・人形供養とマンダラ展」という儀式があります。

長光寺は他にも気になるところがあるので、また紹介する機会があるでしょう。

コメント