番外編・飛び出し坊や 水路からとび太くん in 五個荘

スポンサーリンク

久しぶりの「飛び出し坊や・とび太くん」です。といっても、近江八幡市ではありません。飛び出し坊や発祥の地、滋賀県東近江市となります。

元々の発祥の地は八日市市にある久田工芸ですが、合併で東近江市となったため、五個荘も発祥の地に含まれることになりました。

飛び出し坊や・とび太くん_五個荘

今回は新種と言っても単なる色違いです。顔は0系だけど、服と靴は何故この色にしたん?って感じです。

最初に見た時、ポケモンGOの色違いポケモンが頭に浮かびました。この微妙な違和感。ちなみに、五個荘金堂町には何ヶ所かポケストップとジムがあります。

 

このとび太くんですが、結構な不思議ちゃんです。取り付け場所の全体を見てみます。

飛び出し坊や・とび太くん_五個荘

どこから飛び出すねん???という感じです。

そこからは飛び出せんやろって思うのですが・・・。

ということで「水路からとび太くん」としておきましょう。

もしかしたら、水路が張り巡らされている五個荘金堂町なので、水路から子供か何かが飛び出してくることがあるかもしれません。

 

おまけで五個荘の紹介を少し・・・。

先日の「「まんぷく」ロケ地:「東近江市-近江商人屋敷」はここ(2018/11/)」で駐車場の場所として紹介した「ぷらざ三方よし」ですが、観光案内所ということもあり、色々楽しめます。

五箇荘_近江商人屋敷

まずはこれ。

飛び出し坊や・とび太くん

飛び出し坊や・とび太くんの顔出しパネル。

これであなたも「とび太くん」。

うちの子はこれに顔を出して写した写真がありますが、なかなかイケてます。斜めに顔を出すのがコツですね。気を付けないと耳が2つになっちゃいますが・・・。

凧あげをしているのは、八日市市が大凧の町ということからです。

ぷらざ三方よし_ももクロ

クリックして拡大

そして中に入ると、ももクロコーナーが作ってありました。

2018年4月に東近江市の布引グリーンスタジアムで「ももクロ春の一大事2018 in 東近江市」が開催され、その時にメンバーが五個荘にも来て、なりきり雛人形とか、近江商人博物館の見学をしたようです。下の方の写真は太郎坊宮ですね。その様子が紹介してあります。

お土産販売は隣に五個荘観光センターもあるので遠慮がちですが、観光パンフレットや特産品販売、綺麗なトイレもあるので、五個荘観光の拠点にしてください。

表からは見えにくいですが、建物の左に広大な駐車場があります。

 

どうしてもとび太くんが気になってしょうがないという方や、子供が家の中を走り回って困っているという方のために、楽天市場で室内用Sサイズとび太くんが売られてます。

他にも「とび太くんグッズ」が沢山あるので、気になる方は覗いてみてください。

色違い以外のとび太くんを見たい方はこちらもぜひ

飛び出し坊や「とび太くん」を探せ!

コメント