「びわ湖よし笛ロード」でサイクリング

スポンサーリンク

桜の開花ニュースが聞こえるようになりました。近江八幡市の桜の開花は、平年であれば3月末~4月頭くらいですが、今年は少し早そうです。

近江八幡市内で桜が綺麗な場所の一つに、白鳥川沿いの「びわ湖よし笛ロード」あります。

びわ湖よし笛ロード

クリックで拡大

この地図は、起点となる場所にあったものですが・・・わかりにくい。

駅から少し離れた白鳥川沿いにサイクリングロード起点があります。

そのまま琵琶湖まで抜けて、長命寺川、西の湖、安土、大中、能登川まで続いています。

びわ湖よし笛ロード

琵琶湖まで続く白鳥川沿いに桜並木があります。先日見た感じではまだ蕾は堅かったです。

ただ提灯の用意がしてありました。

 

びわ湖よし笛ロード

まだ菜の花が咲いてます。この辺りの木は全部桜です。

 

そんな「びわ湖よし笛ロード」ですが、先日から世間を騒がせているGoogleマップ問題の影響を受けてます。Googleがゼンリンの地図から自前の地図に変更したため、びわ湖よし笛ロードは一部の道が地図上から消失しています。

他にも八幡山の登山道とかも焼失していて、山のどこから入ってどう繋がっているかがわからない状態になってます。そのうち改善されますかね?

 

話は変わって、びわ湖よし笛ロードの地図を見ていていつも気になることがあります。

ルートが片道なんです。

行ったはいいけど、どうやって帰ってくるんでしょう???

分解できる自転車であればJRに持ち込めますが、自転車の姿では持ち込めません。同じようなルートで引き返すのか?

26.2kmあるらしいので、帰りはまっすぐ帰るにしても40kmほど。ちょっとキツイ。

ビワイチよりは短いか・・・。

コメント