『むべなるかな』のムベの花が開花

『むべなるかな』とは、「いかにももっともなことであるなあ」という意味で使われる言葉です。

植物・果実に「むべ」というものがあります。「むべ」は、ムベ(郁子、薁)とも書き、アケビ科の植物です。秋には5~7cmほどの赤紫の果実となる日本の伝統的な果樹です。

ムベが、何故そんな名前になったのかという伝説は、滋賀県近江八幡市にあります。

そんなムベ(郁子)の花が咲き始めています。

ムベ(郁子)の花

近江八幡市内でムベの花を見られる場所を2ヶ所紹介します。その前に「むべなるかな」という言葉と近江八幡の繋がりを説明します。

「むべ」の語源となった伝説は、滋賀県近江八幡市北津田町の出来事にあります。

「むべなるかな」の言われ

天智天皇が蒲生野に狩りに出かけられた時、今の北津田町に立ち寄られ、八人の男児を持つ健康な老夫婦に出会います。

その際に「汝ら如何に斯く長寿ぞ」と尋ねられ、老夫婦は「この地にこの様な果実を産します」と言ってムベの果実を食するからと答えた。賞味した天皇が「むべ(宜)なるかな」と得心し、「斯くの如き霊果は例年貢進せよ」と命じたということです。

その時からこの果実をムベ(郁子)と呼ぶようになったそうです。以降、献上は1982年まで続き、朝廷や幕府からの恩典も受けていたようです。

献上は一旦途絶えたものの、近年になって復活ています。毎年秋に皇室に献上されるとともに、天智天皇が祀られている近江神宮への献納も続けられています。

大嶋奥津嶋神社

北津田町にある大嶋奥津嶋神社(オオシマオクツシマ神社)です。大嶋神社と奥津嶋神社の両社から成っています。

大嶋奥津嶋神社

右の石柱にも2社が並んで書かれてます。

地図はこちら。近江八幡市の北部、島学区です。この奥の山には自生のムベが多くあるようです。「むべなるかな」の伝説の地域。

大嶋奥津嶋神社_むべ

石碑とムベを絡ませた棚が作ってあります。石碑には、1878年に明治天皇が北陸に巡幸した折、当時の滋賀県令がムベを献上し「大君にささけしむべは古き代のためしをしたふ民のまこころ」と詠んだ歌が刻んであります。

大嶋奥津嶋神社_むべ

ムベの花が咲き始めてました。あまり目立たないですが、白くて可憐な花です。

JR近江八幡駅南口

ムベの花が見られるもう一カ所は、JR近江八幡駅です。北津田町は遠いですが、ここであれば駅で訪れた人に見てもらえます。ただし、観光客の多くが進む北口ではなく、南口にあります。イオンがある方です。

少し前に、JR近江八幡駅の南口に新しいオブジェが誕生しました。

ムベ_JR近江八幡駅

かなり謎な形をしたオブジェですが、囲うように作られている棚に植えられているのが「ムベ」です。ムベ_JR近江八幡駅

こちらも花が咲き始めていました。

ムベの説明_JR近江八幡駅

クリックで拡大

隣には「ムベ」の由来について書かれた説明書きも置かれています。ムベ自体は随分前から植えられていたようです。南口はあまり行かないので、全く気が付きませんでした。

むべ狩り・特産品の紹介

なかなか見ることのないムベの花ですが、秋になると赤紫の実を付けます。そんなムベを使った特産品がいくつかあるので紹介です。

ムベのパンフレット

クリックで拡大

ムベのパンフレット

クリックで拡大

「長寿うむべ」というのは、むべをリキュールに仕上げたものです。他には、飴やワインも。「むべソーダ」もあります。

販売元は、北津田町にある「前出のむべ家(まえでのむべや)」【前出酒店】です。

販売しているお店はあまり多くないと思いますが、記憶をたどると八幡堀にある「Gallery Space 新町浜」で売っていると思います。手こぎ和舟もしている店です。

近江八幡市で舟・船での水郷めぐり・八幡堀めぐり_その1
近江八幡市内には、舟・船に乗って景色を楽しめる場所がいくつかあります。どこがお勧めかは、何を見たいか、季節、人数、予算などによっても変わるので、その判断となる基本的な情報を紹介します。 場所で大きく分けると下記3ヶ所になります。 ...

 

そして、秋になって忘れてなければ改めて詳細を紹介しますが「むべ狩り」もあります。ちょっと珍しくないですか?

  • 期間:10月中旬~11月末
  • 時間:10:00~15:00
  • 入場料:大人1000円(中学生以上)、子ども500円(小学生未満無料)
    ※「むべ」1kgを含む
  • 販売:500円/1kg(入園料に含まれる1kgを超えた分)

 

コメント