沙沙貴神社で「何だこの花?」の「ナンジャモンジャ」が満開

近江八幡市安土町常楽寺にある沙沙貴神社(ささきじんじゃ)で「ナンジャモンジャ」の花が満開です。

沙沙貴神社と言えば、佐々木源氏発祥の地、ももクロの聖地(同格に扱っていいのか?)ですが、「沙沙貴の杜 近江百華苑」として初春の「蝋梅(ろうばい)」や初夏の「なんじゃもんじゃ」なども有名です。

沙沙貴神社の蝋梅(ろうばい)が見頃・・・少し過ぎたけど
近江八幡市安土町にある「佐佐木源氏発祥の地」でもある、沙沙貴神社に参拝してきました(2019年1月11日)。 この季節は「蝋梅(ろうばい)」が見頃です。 神社の由来・アクセス・詳細などはこちら 佐々...
スポンサーリンク

ナンジャモンジャの花

沙沙貴神社へのアクセス

JR安土駅(南口)から南の方へ800メートルほど、徒歩で10分程度です。車の場合、無料駐車場があり20台程度は停められます。

沙沙貴神社へのアクセス、歴史などの詳細はこちらで

佐々木さん発祥の地、ももクロの聖地、沙沙貴神社に参拝したら・・・前編
近江八幡市安土町にある沙沙貴神社に行ってきました。”安土”は”安土桃山時代”と歴史の勉強でも必ず出てきますが、滋賀県にある小さな町です。紆余曲折を経て2010年に近江八幡市と合併しましたが、未だに分立がくすぶっています。 そんな安土町...

沙沙貴神社と言えば、昨年の台風21号で大きな被害を受けました。本殿屋根は現在も修復中です。

沙沙貴神社

佐々木さん発祥の地、ももクロの聖地、沙沙貴神社に参拝したら・・・後編
「佐々木さん発祥の地、ももクロの聖地、沙沙貴神社に参拝したら・・・前編」に続く後編です。前編では、沙沙貴神社についての歴史と、参拝の様子を紹介しましたが、実は、沙沙貴神社は、9月初めの台風21号で、滋賀県内でも最も深刻な被害を受けた場所だっ...

ナンジャモンジャとは

「なんじゃもんじゃ」はもちろん正式な名称ではなく愛称です。

沙沙貴神社にあるのはモクセイ科の落葉樹・ヒトツバタゴです。大体これをナンジャモンジャノキということが多いようです。

沙沙貴神社にある「ナンジャモンジャ」は、1988年に、伊勢神宮から苗木を譲り受けたものだそうです。現在では高さ20メートルほどになっており、沙沙貴神社のシンボルとなっています。

12日の京都新聞で紹介されたこともあり、平日にもかかわらず駐車場に結構な車が来てました。

沙沙貴神社_なんじゃもんじゃ

駐車場から目立つ位置にあるこの木が一番綺麗に咲いてます。

粉雪が積もったかのように真っ白です。

沙沙貴神社_なんじゃもんじゃ

木の下には「佐々木源氏発祥の地」の石柱や、近江百華苑、なんじゃもんじゃの立札が。

沙沙貴神社_なんじゃもんじゃ

いわれを説明した立札もあります。

この木が一番目立つので、出回っている写真も大体この木ですが、境内には他にも何本もの「ナンジャモンジャノキ」があります。森の中に他の木と一緒に生えているものもあるので、枝が円形には広がってませんが・・・。

沙沙貴神社_なんじゃもんじゃ

道路から駐車場に入る横にもあります。

沙沙貴神社_なんじゃもんじゃ

アップで1枚。もっさもっさの花びらです。

沙沙貴神社_なんじゃもんじゃ

もう一枚。青空をバックに白い花びらが映えます。

 

森の中には他にも花が咲いています。

沙沙貴神社_5月

コデマリ・・・ですか?

沙沙貴神社_5月

拡大するとこんな感じ。

「ナンジャモンジャ」の見頃は5月20日ごろまでとのことです。

コメント