近江八幡市ゆかりの人物3『聖徳太子』

滋賀県近江八幡市ゆかりの人物を紹介します。

第3回は『聖徳太子(せいとくたこ)(しょうとくたいし)』です。お隣の東近江市にある地名は聖徳町(せいとくちょう)です。

以前は、聖徳太子と言えば1万円札の人(五千円札の人)ということで誰でも知ってましたが、最近はそこまでの知名度は無いんですかね???ちなみに1万円札は1984年(昭和59年)まで発行されてました。

それにしても近江八幡市内だけでもゆかりの場所が多すぎです。

スポンサーリンク

聖徳太子(厩戸王・厩戸皇子)

ザックリ年表

  • 574年:橘豊日皇子と穴穂部間人皇女との間に生まれた。厩戸皇子。
  • 603年:いわゆる冠位十二階を定めた。
  • 604年:いわゆる十七条憲法を制定した。
  • 607年:小野妹子、鞍作福利を使者とし随に国書を送った。
  • 620年:厩戸皇子は馬子と議して『国記』、『天皇記』、『臣連伴造国造百八十部并公民等本記』を編纂した。
  • 622年:厩戸皇子は薨御した。享年49歳。

最近の学校では昔のように「聖徳太子」として教えないようです。虚実が怪しいのでそもそも教えてなかったり、厩戸王(聖徳太子)としたり。

個人的には「言い伝え的なところもあるよ」と注釈付きの聖徳太子で良いと思いますけどね。

ウィキペディア・聖徳太子

スポンサーリンク

聖徳太子ゆかりの場所

これ、多すぎやしないか???

聖徳太子が仏教を広めるために建てたとされる寺院の中には、聖徳太子の名を借りた(仮託)だけで、実は聖徳太子は関わっていない寺院も数多くあると考えられているそうです。1400年前のことですからね。

観音正寺

観音正寺_仁王像

滋賀県近江八幡市安土町の繖山に、西国三十三所:第三十二番 『観音正寺』があります。「人魚伝説の寺」や「天空の寺院」とも呼ばれます。

1400年前、聖徳太子が繖山の山上にて千手観音を彫み、寺を開かれた。日本で唯一、聖徳太子が人魚のために開基した寺院。

2022年の聖徳太子1400年御遠忌大法会の記念事業として「観音堂」「閼伽井堂」の再建を主とした伽藍整備が進められています。

近江八幡市安土町『観音正寺』へのアクセス(徒歩ルート)
滋賀県近江八幡市安土町の繖山に、西国三十三所:第三十二番 『観音正寺』があります。「人魚伝説の寺」や「天空の寺院」とも呼ばれます。その少し奥には、日本100名城52番に選ばれている山城、観音寺城跡もあります。 山の上にあるので歩いて登...
近江八幡市安土町『観音正寺』へのアクセス(車ルート)
滋賀県近江八幡市安土町の繖山に、西国三十三所:第三十二番 『観音正寺』があります。「人魚伝説の寺」や「天空の寺院」とも呼ばれます。その少し奥には、日本100名城52番に選ばれている山城、観音寺城跡もあります。 山の上にあるので歩いて登...

教林坊

観音正寺がある繖山の麓にあります。

紅葉スポットとして有名な教林坊は、推古13年(605年)に聖徳太子によって創建されたとされています。『石の寺』とも呼ばれます。

実はまだ行ったことありません。

岩戸山 十三仏

岩戸山十三仏

「聖徳太子が山頂の巨岩に不動明王や釈迦如来など緒菩薩十三体を自らの爪で刻んだと伝えられている」磨崖仏(自然の岩壁や露岩、あるいは転石に造立された仏像)がある場所です。

『岩戸山 十三仏』現物は拝観できないが道中は石仏だらけ
滋賀県近江八幡市安土町内野にある『岩戸山 十三仏(いわとやまじゅうさんぶつ)』に登ってきました。 ここは「聖徳太子が山頂の巨岩に不動明王や釈迦如来など緒菩薩十三体を自らの爪で刻んだと伝えられている」磨崖仏(自然の岩壁や露岩、あるいは転...

長光寺(花ノ木寺)

長光寺(花の木)

聖徳太子建立四十九院の寺院の一つです。

境内にあるハナノキの巨木は、日本最南限に生息するハナノキで近江八幡市の天然記念物に指定されています。

老蘇の森(奥石神社)とセットで安産祈願の寺院です。

長光寺のハナノキが咲き始めてます(近江八幡市長光寺町)
先日の京都新聞に東近江市の南花沢町・八幡神社のハナノキが開花したという記事がありました。近江八幡市でハナノキと言えば、長光寺です。別名をハナノキ寺と言います。 『西国三十三所観音巡礼』第三十一番札所である長命寺と名前がややこしいですが...

老蘇の森

奥石神社_老蘇の森

万葉の昔から歌に詠まれてきた名高い森で、国の史跡に指定されていますが、森の端を新幹線と国道8号線がぶった切ってます。森の中に「奥石(おいそ)神社」があります。

「聖徳太子が諸国御巡歴の途中老蘇の森に立ち宿りし時、その妃高橋姫がご難産であったので奥石神社に御祈願になったところ忽ちご安産なされたという古伝」

老蘇の森.奥石神社

長命寺

長命寺_西国三十三所

西国三十三所第31番札所。天台宗系単立。聖徳太子の開基と伝わっています。

近江八幡市内の寺と言えば、観音正寺と長命寺が有名ですが、観音正寺が綺麗な公式HPを作成しているのに対して、長命寺は公式HPがありません。しかしながら、歴史的建造物など見どころが多い寺です。しかも無料。

長命寺
近江八幡市の北、琵琶湖沿いにある長命寺山(333m)の頂上近くの山腹(約250m)に位置する寺院です。西国三十三所第三十一番札所にあたり、聖徳太子の開基と伝えられています。 麓から本堂までの石段は808段あるとされており、歩いて登ると...

比牟礼山 願成就寺

飛鳥時代・推古天皇が在位していた619年に聖徳太子により開基された寺院と伝わっています。聖徳太子が請願し建立した近江48伽藍の最後の一寺といわれ、請願が成就されたことから願成就寺と号されたとのことです。

行ったことが無いのでそのうち。

御沢神社(東近江市)

聖徳太子が蘇我馬子に命じてこの一帯を開墾されたとき、用水の溜め池として清水(きよみず)池・白水(はくすい)池・泥水(にごり)池をつくり、神社を創建したと伝わる。

御澤神社の『藤の花』を見にいってきました
今日は近江八幡市ではありません。お隣の東近江市になります。 『藤の花』が有名な「御沢神社(おさわじんじゃ)」に行ってきました。実はこの神社、藤の花だけではなく、色々と凄いところです。 御沢神社(おさわじんじゃ) 御沢神社と...

 

 

なんせ1400年前の事なのでどこまでが本当かわからないですが、聖徳太子開基とされている寺が非常に多い地域です。しかも安産から長寿まであります。ここで取り上げた以外にもいくつかあるようです。

日本遺産「西国三十三所(さいこくさんじゅうさんしょ)観音巡礼」に含まれる、長命寺と観音正寺が見どころが多いですが、2つとも山の上なので登るのに覚悟が必要です(車で近くまでは行けますが)。

コメント