近江八幡土産と言えば赤こんにゃく

スポンサーリンク

近江八幡のお土産として真っ先に思い浮かぶのが「赤こんにゃく」です。

文字通り真っ赤なこんにゃくです。私は元々滋賀の出身ではないので、最初に見たときは「なんだこりゃ!?」という感じでした。でも近江八幡市では、こんにゃくと言えば赤こんにゃくです。これは滋賀県を中心に出店している平和堂のこんにゃくコーナーですが、様々な種類の赤こんにゃくが普通に売られています。糸コン、突きコン、板コンと普通のこんにゃくと同じかそれ以上のスペースを取っています。

学校給食でも普通に赤こんにゃくが出てきます。

赤こんにゃく_平和堂

赤こんにゃく_平和堂


【由来】

諸説あるようですが、派手好きな織田信長が作らせたとか、左義長まつりの赤に由来するとか、よくわかりません。

 

【なぜ赤い?】

赤いからと言って唐辛子が入っているわけではありません。よって辛いこんにゃくでは無いです。触感は少しくにゃっとした感じですが、味は普通のこんにゃくと同じで特にありません。赤い色の元は、三二酸化鉄(Fe2O3:いわゆる赤錆)という赤色になる食品添加物です。もちろん人体には無害です。それどころか、鉄分補給になるので貧血になりがちな女性には特にお勧めです。

 

近江八幡の土産_赤こんにゃく

近江八幡の土産_赤こんにゃく

 

【お土産として】

お土産用の赤こんにゃくも色々な種類があります。スーパーではあまり見かけませんが、お土産用として味付きの赤こんにゃくも売られています。それこそ唐辛子味を付けたものもあります。味付けの赤こんにゃくであれば、そのまま食べることができます。

調理方法ですが、普通のこんにゃくと大きく変わらない料理に使われます。肉じゃがに入れてもいいし、おでんとか、すき焼きとか、煮物とか、カレーとかでも良いです。

たくさん買うと重くなるのが難点ですが、価格も手ごろで珍しくもあり、近江八幡のお土産として話のタネにはもってこいです。近江八幡でお土産を売っているお店なら大概あると思うので、特にどこで買えるかは書きません。近江八幡以外では東近江市の永源寺で売ってますが、他にも滋賀県内であれば比較的手に入りやすいです。

 

ちなみに通販でも購入できるので、近江八幡までは行けないけどちょっと食べてみたいという方はどーぞ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤こんにゃく
価格:216円(税込、送料別) (2018/5/12時点)

 

千成亭は近江牛のお店なので、近江八幡特産の赤こんにゃくの他に、近江牛や近江牛を使ったハンバーグなども合わせて購入できます。

 

コメント