沙沙貴神社の蝋梅(ろうばい)が見頃に(2021年1月)

今年も新春の定番として、近江八幡市安土町にある『沙沙貴神社』の蝋梅(ろうばい)を見に行ってきました。(2021年1月13日)。

京都新聞に出ていたので行ってみたのですが、今年はちょうどいい感じです。神社内に20本ほどの蝋梅が有り、見ごろを迎えています。1月から2月にかけて見頃が続くようです。

スポンサーリンク

沙沙貴神社(ささきじんじゃ)

場所・アクセス・駐車場

沙沙貴神社の場所、アクセス、駐車場についての詳細はこちらの記事をどーぞ。

佐々木さん発祥の地、ももクロの聖地、沙沙貴神社に参拝したら・・・前編
近江八幡市安土町にある沙沙貴神社に行ってきました。”安土”は”安土桃山時代”と歴史の勉強でも必ず出てきますが、滋賀県にある小さな町です。紆余曲折を経て2010年に近江八幡市と合併しましたが、未だに分立がくすぶっています。 そんな安土町...

京都新聞に掲載された次の日なので車は10台ほど停まってました。その割には人がいなかったですが。

電車の場合、最寄り駅はJR安土駅(普通しか停まりません)となり、南口を出て徒歩で10分(800m)ほどです。

蝋梅(2021年)の様子

一番目立って綺麗に咲いているのは、駐車場の角にある蝋梅です。

沙沙貴神社

楼門をバックに写すとこんな感じ。京都新聞の掲載写真も似たような角度でした。楼門の屋根にはまだ雪が残ってます。

沙沙貴神社

アップだとこんな感じ。

沙沙貴神社

もう1枚。

アイキャッチ画像に使った写真。

花の香りが凄く強いです。あまり鼻が利く方ではないですが、近づいたらすぐにわかるほどの香りがあります。

沙沙貴神社

蝋梅についての説明書きです。

沙沙貴神社

蝋梅の場所を示した配置図。

沙沙貴神社は手作り感あふれる表示が充実しています。四季を通じて様々な花が咲いていますが、丁寧に表示が付けてあるので何の花かすぐにわかります。

今年は日牟禮八幡宮の新春花飾りをされなかったこともあり日牟禮八幡宮に行ってないので、沙沙貴神社が今年の初詣となりました。

2020年の日牟禮八幡宮・新春花飾り

日牟禮八幡宮に初詣_新春花飾り(2020年)
既に2020年も1月7日ですが、今年も(といっても2年目)滋賀県近江八幡市にある日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)に初詣に行ってきました。 今年はスマホカメラではなく、コンデジでの撮影ですがあいにくの雨模様でちょっと暗めの写真です。 ...

干支の庭(丑年)

沙沙貴神社の本殿の後ろには「干支の庭」といって散策路沿いに干支の石が置かれています。

今年は丑年なので、牛の石を紹介。

沙沙貴神社

左下の説明書きによると

「でっかくて たのもしいけれど それでいて ちょっと 楽しい ところのある 花飾りを つけた 牛」とあります。

なんじゃもんじゃ

沙沙貴神社

沙沙貴神社と言えば、蝋梅と並んで「なんじゃもんじゃ」の木が有名です。冬のなんじゃもんじゃは落葉しているのでこんな感じ。

見頃は5月中旬頃です。

2020年はコロナ騒動の最中で訪問できませんでした。2021年はまた訪れたいと思います。

2019年5月の「ナンジャモンジャ」

沙沙貴神社で「何だこの花?」の「ナンジャモンジャ」が満開
近江八幡市安土町常楽寺にある沙沙貴神社(ささきじんじゃ)で「ナンジャモンジャ」の花が満開です。 沙沙貴神社と言えば、佐々木源氏発祥の地、ももクロの聖地(同格に扱っていいのか?)ですが、「沙沙貴の杜 近江百華苑」として初春の「蝋梅(ろう...

コメント