近江八幡市内を駆ける馬たち

スポンサーリンク

近江八幡の火祭りアプリ」の中で実施されているスタンプラリーを制覇した話を以前書きました。

近江八幡の火祭りアプリ・・・苦行のスタンプラリーを完全制覇
そろそろ近江八幡市で3~5月に開催される火祭りを意識する時期になってきました。2019年の近江八幡3大火祭りの日程は以下となっています。 左義長まつり:3月16日(土)、17日(日) 八幡まつり:4月14日(日)15日(月)...

8割方苦行でしたが、面白い発見もいくつかありました。中でも多くの「馬像」があることがわかり、それを見て回るのが数少ない楽しみでした。

近江八幡市内にある馬像を紹介します。

スポンサーリンク

近江八幡市内を駆ける馬たち

北の方から順番に紹介します。詳細な場所は、下に一覧の地図を載せたので参照してください。

1. 大嶋奥津嶋神社(北津田町)

  • 〒523-0087 滋賀県近江八幡市北津田町529

近江八幡市_馬像

「むべなるかな」のむべの木がある大きな神社です。

郁子(ムベ)については忘れなければ別記事で。

2.天御中主命神社(中之庄町)

  • 〒523-0807 滋賀県近江八幡市中之庄町612

近江八幡市_馬像

一体どの表記が正しいのでしょう。滋賀県神社庁は「天御中主命神社 (アメノミナカヌシノミコトジンジャ)」です。火祭りアプリでは「天之御中主尊神社」です。Googleマップでは「天之御中主命神社」です。読みは同じ。

神社に立っている石碑は火祭りアプリと同じですね。

長嶋茂雄氏も参拝した神社で、ぼっち「古式弓始式」をやってみる
今日紹介する場所は、近江八幡市中之庄町にある天之御中主尊神社(あめのみなかぬしのみことじんじゃ)です。もう名前からして何だか凄そうな感じですね。 古くは海軍大将・東郷平八郎元帥も参詣され、近いところでは、元読売巨人軍監督の長嶋茂雄氏が...

3.日牟禮八幡宮(宮内町)

  • 〒523-0828 滋賀県近江八幡市宮内町257

近江八幡市_馬像

日牟禮八幡宮に初詣_綺麗な「花飾り」に癒されます
2019年1月8日のことになりますが、遅ればせながら日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)に初の初詣に行ってきました。年末年始は帰省するし、去年までは仕事があったので、1月の参拝は初めてです。 楼門も門松などの正月飾りがあり新年が...

左義長まつり八幡まつりの中心となる日牟禮八幡宮にも馬像があります。

4.賀茂神社(加茂町)

  • 〒523-0058 滋賀県近江八幡市加茂町1691

近江八幡市_馬像

馬像と言えば、5月6日開催の競馬行事「足伏走馬」の賀茂神社ですが、昨年の台風で御神馬像が神木に潰されました。在りし日の御神馬像を写した写真を持ってなかったです。

「足伏走馬」の賀茂神社が大変なことに・・・馬は圧死
近江八幡市加茂町にある賀茂神社(かもじんじゃ)では、毎年5月6日に古式競馬「足伏走馬(あしふせそうめ)」という神事が行われます。 馬の守護神、馬の聖地として信仰されている場所です。 見物記事では競馬の様子しか紹介できていなかった...

5.足伏走馬像(加茂町)

  • 〒523-0058 滋賀県近江八幡市加茂町

近江八幡市_馬像

これは神社でないところにあるものです。加茂町内の県道2号線沿いに建ってます。

6.小田神社(小田町)

  • 〒523-0064 滋賀県近江八幡市小田町54

近江八幡市_馬像

南北朝時代に建築された楼門が重要文化財となっている立派な神社です。

7.男山八幡宮(末広町)

  • 〒523-0005 滋賀県近江八幡市西生来町

近江八幡市_馬像

住所は西生来町だけど、末広町の神社のようです。元々は西生来町から分かれた?ちょっと歴史がよくわかりません。

8.八幡社本殿(馬淵町)

  • 〒523-0022 滋賀県近江八幡市馬淵町2447

近江八幡市_馬像

国道8号線沿いにある神社です。鳥居は見えるのですが、御神馬像は建物の陰になって国道からは見えません。

9.安吉神社・倉橋部町集会所(倉橋部町)

近江八幡市_馬像

安吉神社(あぎじんじゃ)への参道途中にあります。倉橋部町集会所の前。「やぶさめの里」という名前で公園のようにもなってます。神馬ではなく、流鏑馬の像です。

5月5日には流鏑馬行事も行われているようです。

スポンサーリンク

場所はこちら(地図)

今のところ見つけたのはこの9体ですが、他にもあるかもしれません。見つけたら追加していきます。

馬像って必ず前足のどっちかを上げてるんですね。

コメント